• ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart

鹿葉音の森【毛利田有人】

鹿葉音の森【毛利田有人】
¥ 88,000
〔作家紹介〕毛利田有人
1969年10月5日生。大阪市平野区出身画家。
幼少期より絵を描く事に没頭し両親からは「紙と鉛筆さえあれば手のかからない子供」と称されるほど一心不乱に創作に励む。自然界の生命体、森羅万象、神秘的叡智とコネクトしスピリチュアルな創作を得意とする。心温まる色彩豊かな表現力から南国絵師と称される。現在は病と闘いながら許す限りの制作を行い作品と向き合う。

〔作品解説〕
作品名は「鹿葉音の森」(しかばねのもり)と言います。
鹿葉音の森の「鹿」は鹿の頭骨そのもの。
「葉」は森の中にある木々の葉であり命や生死の二法を表現。
「音」は森の音色、様々な生命の鼓動を音色として現しました。
「森」は生命の森
躍動していた生命と滅び行く肉体とを合わせて「しかばね」と読んでおります。
そのような思いから「鹿葉音の森」との名を冠しました。
頭骨に絵画を施す取り組みは初めての試みでした。
人によっては骨と言うだけで気味が悪いと言います。
絵を施すことに良しとしない人もおられました。
私はこの頭骨に生命を吹き込みたいと思いました。
絵画を施すことによって新たな生命が誕生すると考えました。
目の前に鹿の頭骨を置き暫くの間ながめておりますと、見えなかった様々な風景が浮かび上がってきました。
この鹿はどんな生き方をしたのか、幸せを感じたか不幸を感じたか、大きかったのか小さかったのか、雄なのか雌だろうか、兄弟はいたのか子供はいたのか、どんな生き物と出会ったのか、どんな世界で生きていたのか、深い森の中か町に近い林の中だったのか…
そんなことを考えていると生命の営みを自分なりの表現に導きたくなりました。
森のなかで生まれ変わる様々な生命、輪廻を鹿頭骨を通して表現してみました。
デザイン性も意識して左頬付近にはチェック模様を施しております。
チェックはチェッカーフラッグを現してゴールを意味しています。
またデザインのみに拘ることなく私自身のスタイルや表現を用いてアメ-バのような生物から魚、草木、生命の源である水等を全体に描き作品を完成させました。

〔展示/保管場所〕
海南鶏飯食堂/表参道店(東京都港区南青山3-18-5 さくら appartement1F)

【注意事項】
① 写真と色味やイメージが違うなど、お客様都合による返品は受け付けておりません。
② 現物を確認されたい場合はContact (お問い合わせフォーム)よりお気軽にお問い合わせください。
③ 店舗から直接作品をお持ち帰り頂いた場合、配送費はかかりません。(配送をご希望される場合は送料着払いにて発送させていただきます)
④ ご購入いただいてから発送まで最大2週間程度かかる場合があります。
〔作家紹介〕毛利田有人
1969年10月5日生。大阪市平野区出身画家。
幼少期より絵を描く事に没頭し両親からは「紙と鉛筆さえあれば手のかからない子供」と称されるほど一心不乱に創作に励む。自然界の生命体、森羅万象、神秘的叡智とコネクトしスピリチュアルな創作を得意とする。心温まる色彩豊かな表現力から南国絵師と称される。現在は病と闘いながら許す限りの制作を行い作品と向き合う。

〔作品解説〕
作品名は「鹿葉音の森」(しかばねのもり)と言います。
鹿葉音の森の「鹿」は鹿の頭骨そのもの。
「葉」は森の中にある木々の葉であり命や生死の二法を表現。
「音」は森の音色、様々な生命の鼓動を音色として現しました。
「森」は生命の森
躍動していた生命と滅び行く肉体とを合わせて「しかばね」と読んでおります。
そのような思いから「鹿葉音の森」との名を冠しました。
頭骨に絵画を施す取り組みは初めての試みでした。
人によっては骨と言うだけで気味が悪いと言います。
絵を施すことに良しとしない人もおられました。
私はこの頭骨に生命を吹き込みたいと思いました。
絵画を施すことによって新たな生命が誕生すると考えました。
目の前に鹿の頭骨を置き暫くの間ながめておりますと、見えなかった様々な風景が浮かび上がってきました。
この鹿はどんな生き方をしたのか、幸せを感じたか不幸を感じたか、大きかったのか小さかったのか、雄なのか雌だろうか、兄弟はいたのか子供はいたのか、どんな生き物と出会ったのか、どんな世界で生きていたのか、深い森の中か町に近い林の中だったのか…
そんなことを考えていると生命の営みを自分なりの表現に導きたくなりました。
森のなかで生まれ変わる様々な生命、輪廻を鹿頭骨を通して表現してみました。
デザイン性も意識して左頬付近にはチェック模様を施しております。
チェックはチェッカーフラッグを現してゴールを意味しています。
またデザインのみに拘ることなく私自身のスタイルや表現を用いてアメ-バのような生物から魚、草木、生命の源である水等を全体に描き作品を完成させました。

〔展示/保管場所〕
海南鶏飯食堂/表参道店(東京都港区南青山3-18-5 さくら appartement1F)

【注意事項】
① 写真と色味やイメージが違うなど、お客様都合による返品は受け付けておりません。
② 現物を確認されたい場合はContact (お問い合わせフォーム)よりお気軽にお問い合わせください。
③ 店舗から直接作品をお持ち帰り頂いた場合、配送費はかかりません。(配送をご希望される場合は送料着払いにて発送させていただきます)
④ ご購入いただいてから発送まで最大2週間程度かかる場合があります。

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は送料無料です。

〔作家紹介〕毛利田有人
1969年10月5日生。大阪市平野区出身画家。
幼少期より絵を描く事に没頭し両親からは「紙と鉛筆さえあれば手のかからない子供」と称されるほど一心不乱に創作に励む。自然界の生命体、森羅万象、神秘的叡智とコネクトしスピリチュアルな創作を得意とする。心温まる色彩豊かな表現力から南国絵師と称される。現在は病と闘いながら許す限りの制作を行い作品と向き合う。

〔作品解説〕
作品名は「鹿葉音の森」(しかばねのもり)と言います。
鹿葉音の森の「鹿」は鹿の頭骨そのもの。
「葉」は森の中にある木々の葉であり命や生死の二法を表現。
「音」は森の音色、様々な生命の鼓動を音色として現しました。
「森」は生命の森
躍動していた生命と滅び行く肉体とを合わせて「しかばね」と読んでおります。
そのような思いから「鹿葉音の森」との名を冠しました。
頭骨に絵画を施す取り組みは初めての試みでした。
人によっては骨と言うだけで気味が悪いと言います。
絵を施すことに良しとしない人もおられました。
私はこの頭骨に生命を吹き込みたいと思いました。
絵画を施すことによって新たな生命が誕生すると考えました。
目の前に鹿の頭骨を置き暫くの間ながめておりますと、見えなかった様々な風景が浮かび上がってきました。
この鹿はどんな生き方をしたのか、幸せを感じたか不幸を感じたか、大きかったのか小さかったのか、雄なのか雌だろうか、兄弟はいたのか子供はいたのか、どんな生き物と出会ったのか、どんな世界で生きていたのか、深い森の中か町に近い林の中だったのか…
そんなことを考えていると生命の営みを自分なりの表現に導きたくなりました。
森のなかで生まれ変わる様々な生命、輪廻を鹿頭骨を通して表現してみました。
デザイン性も意識して左頬付近にはチェック模様を施しております。
チェックはチェッカーフラッグを現してゴールを意味しています。
またデザインのみに拘ることなく私自身のスタイルや表現を用いてアメ-バのような生物から魚、草木、生命の源である水等を全体に描き作品を完成させました。

〔展示/保管場所〕
海南鶏飯食堂/表参道店(東京都港区南青山3-18-5 さくら appartement1F)

【注意事項】
① 写真と色味やイメージが違うなど、お客様都合による返品は受け付けておりません。
② 現物を確認されたい場合はContact (お問い合わせフォーム)よりお気軽にお問い合わせください。
③ 店舗から直接作品をお持ち帰り頂いた場合、配送費はかかりません。(配送をご希望される場合は送料着払いにて発送させていただきます)
④ ご購入いただいてから発送まで最大2週間程度かかる場合があります。
通報する
〒103-0023 東京都中央区日本橋本町4-7-5